羽生市外壁塗装について詳しく解説しています。
  1. 外壁塗装 埼玉 TOP
  2. 川越市の外壁塗装の費用相場は?おすすめ業者をピックアップ!
  3. 羽生市で実績のある外壁塗装業者3選!光触媒塗料についても解説します

羽生市の外壁塗装の費用相場は?おすすめ業者もピックアップ!

羽生市で外壁塗装!相場は?

羽生市で外壁塗装!相場は?

埼玉県の北東部に位置する羽生市は、江戸時代から続く藍染が有名な歴史あるまち。公園や遊び場が多く、子育てにもいい環境が揃っています。

そんな羽生市の外壁塗装の費用相場は埼玉県の他の地域と変わらずおおよそ60〜100万円ですが、使用する塗料によって費用は変動します。

ここでは羽生市でおすすめの塗装業者ランキングと、光触媒塗料についても紹介します。

羽生市でおすすめの外壁塗装業者

ケントリファイン

ケントリファイン

ケントリファイン

ケントリファインってどんな塗装業者?

事前の現地調査を2〜3時間かけてじっくり行い、現状を把握した上で最適なプランを提案してくれる。外壁塗装については、剥がれの原因である下地のサビを徹底的に削り、長持ちする剥がれない塗装を実施。さらに塗装性能を最大限に引き延ばすため、塗料の希釈量・塗り回数・厚み・乾燥時間については、すべて目検や感覚ではなく各メーカーの指定通りに行うことを徹底している。綿密な事前調査とプロ意識の高い熟練の職人さんたちによる一貫した作業内容により、作業後の追加費用は一切なし。塗り替えのタイミングがわからない人の悩みを無料相談窓口で受け付けている。

ケントリファインの実例・相場・サービス

ケントリファインの実例と相場
ケントリファインの相場は?
外壁塗装の価格例(シリコン樹脂系塗料)60〜80万円(30坪物件)
画像出典:ケントリファイン
費用目安★★★★★
屋根+外壁塗装
70〜120万円
保証・アフターフォロー★★★★★
最大7年1・3・5・7年目に無償点検あり
塗回数★★★★★
3〜5回塗り
カラーシミュレーション★★★★★
あり
対応サービス★★★★★
  • 塗装工事
  • 防水工事
  • シーリング工事
  • 大工工事
  • 屋根工事
  • 内装工事
  • エクステリア工事
  • 雨漏り診断
対応エリア★★★★☆
埼玉県全域

ケントリファインの口コミ

  • 長期保証が心強い 10年前に新築で建てた家なので初めての塗り替えだったのですが、いつも住宅街をウォーキングしながらいろんな家の工事をチェックしていたので、業者によって差があることはわかっていました。それなのでここに依頼して正解でした。作業がとても丁寧なのにスピーディ、技術力は高いと思います。さらに7年の長期保証があるのも心強いですね。 (46歳・女性・川越市)
  • 信頼できる説明と調査 2年前に実家でやった工事がすごくずさんだったと今になってわかり、親にちゃんとしたところにやってもらわないとダメだと言われ、選ばせていただきました。実家では下塗りが1回だったそうで、すでに剥がれてはじめているところもあります。ケントリファインでは剥がれない塗装をするために下地の塗りに力を入れているとのこと。塗料の説明も加え、信頼できる説明と調査。納得してお願いできました。工事もすばらしく丁寧。みなさん、感じも良く、近所の人たちから紹介してほしいと声がかかっています。 (43歳・女性・坂戸市)
ダイユウエンタープライズ

ダイユウエンタープライズ

ダイユウエンタープライズ

ダイユウエンタープライズってどんな塗装業者?

一級塗装技能士である職人が施工する「ダイユウエンタープライズ」。

一度塗り替えをしたら、しばらく塗り替えをしないで済むよう、作業工程をしっかり組んで施工します。事前の打ち合わせでは、要望に合わせて塗料の選定を行い、外観に大きく影響する色については、ハナコレクションを使ったカラーシュミレーションを行います。イメージ通りの配色になるようハナコレマイスターが一人ひとりに合った提案をしてくれます。

費用目安
要見積り
保証・アフターフォロー
あり(建物、材料により異なる)
塗回数
3回
カラーシミュレーション
あり
対応サービス
  • 塗装工事
  • 防水工事
  • 内装工事
対応エリア
埼玉県

ダイユウエンタープライズの口コミ

  • 依頼してよかった 外壁の色をカラーシュミレーションでいろいろと提案してもらいました。しっかり塗り替えをしてもらえれば十分だったのですが、家に合わせて考えてくれているとわかり、依頼してよかったなと思いました。 (59歳・男性・加須市)
いろやさん

いろやさん

いろやさん

いろやさんってどんな塗装業者?

羽生市で地域に根ざした外壁塗装リフォームを行っている「いろやさん」。

中間業者を入れない完全自社職人施工のため、低価格でクオリティの高い工事を行ってくれます。室内環境の向上が見込める「遮熱塗装」や、特殊な粒子を吹きつけて自然な風合いに仕上げる「高級自然石調仕上げ(エレガンストーン)」の施工が好評。

Tポイント加盟店で、工事費でTポイントがたまるだけでなく無料見積りの依頼でもポイントが付きます。

費用目安
外壁塗装(高級自然石調塗装仕上げ)30坪 650,000円
保証・アフターフォロー
あり
塗回数
3回
カラーシミュレーション
あり
対応サービス
  • 外壁・屋根塗装工事
  • 内装工事
  • その他リフォーム工事
対応エリア
埼玉県、東京都、栃木県、茨城県、群馬県

いろやさんの口コミ

  • 高級感のあるエレガンストーン 外壁塗装を依頼したのは初めてです。塗装と聞くとあのベタっと塗った感じが安っぽく見えて嫌だったのですが、いろやさんですすめてくれたエレガンストーンは高級感があったので即決。気に入っています。 (47歳・女性・羽生市)

外壁塗装の「光触媒」ってどんな塗料?

外壁塗装の「光触媒」ってどんな塗料?
光触媒塗料とは
光触媒塗料は次世代塗料として登場した機能性塗料の一つです。
太陽の光で汚れを分解して浮かせて雨で汚れを洗い流す機能、つまり自然の力を利用したセルフクリーニング機能があるのが特徴です。
光触媒塗料の仕組み
塗料の原料である酸化チタンが、日光に当たると活性酸素を発生させ、外壁の汚れを分解します。
また光触媒塗料には、雨水とくっつきやすい親水性という性質があり、雨が降った時に、活性酸素で分解された汚れを洗い流します。
この二つの働きが合わさってセルフクリーニング機能が発揮されます。
光触媒塗料のメリット
  • 汚れが非常につきにくい
  • セルフクリーニング効果がある
  • 汚れがたまりにくいため耐用年数が長くなる
  • 防カビ・防藻効果がある
  • 空気清浄効果がある
光触媒塗料のデメリット
  • 初期費用が高い
  • 日光や雨があたらないと性能を発揮できない
  • 土埃やサビは落ちない
  • 塗るのがむずかしい
  • 屋根用の光触媒塗料がない
光触媒塗料を使う場合の注意点
汚れない!と強調する業者には注意
どんな汚れでも落ちるわけではありません。
認定施工店かどうかを確認
塗るのが難しい塗料のため認定施工店でしか取り扱うことができません。
光触媒の屋根塗料がないことによるコスト増に注意
外壁と屋根塗装は同時に行うことで足場設置のコストなどを削減できるメリットがあります。屋根の塗料と別々なるとそれぞれの耐用年数の違いから、今後同時に塗り替えができなくなる可能性があります。
光触媒塗料は主流ではない
歴史の浅い塗料なので耐用年数に関する実証結果は多くありません。現在の主流はシリコン塗料であることも頭に入れておいてください。

塗料の種類について詳しくはこちらをご覧ください。

初めてでもすぐわかる!外壁塗装の塗料の種類・グレード・選び方

今注目のハイブリッド塗料ってどんな塗料?光触媒とどう違うの?

今注目のハイブリッド塗料ってどんな塗料?光触媒とどう違うの?

光触媒塗料と同様、いま注目を集めている「ハイブリッド塗料」。光触媒と何が違うのか、特徴をまとめました。

ハイブリッド塗料とは?
塗料には、合成樹脂を使用した「有機塗料」と鉱物や自然石と合成樹脂を混ぜ合わせた「無機塗料」があります。
有機塗料は安価、無機塗料は劣化に強いなど特徴が異なります。
その両方を組み合わせ、それぞれのメリットを持たせた塗料が、「ハイブリッド塗料」です。
ハイブリッド塗料の仕組み
有機塗料と無機塗料の混ぜ合わせる配分・内容によって、性質が異なります。
例えば、シリコン樹脂の有機塗料と組み合わせたハイブリッド塗料は耐用年数が12~15年、フッ素樹脂の場合は15~25年になり、シリコン塗料よりも耐用年数が延びています。
そのほか、メーカーによって「汚れにくい」「紫外線に強い」など特徴を持たせているので、希望する性能があるハイブリッド塗料を選びましょう。
いずれにせよ、無機塗料が組み合わさることで耐久性や性能が上がっています。
ハイブリッド塗料のメリット
  • 無機成分が含まれるため耐用年数が長い
  • 有機成分により柔軟性が高まり、ひび割れしにくい
  • 雨や風に強く、光沢が長持ちする
  • 無機成分の鉱物により、遮熱性が高くなり燃えにくい
  • 有機成分が少ないため、コケやカビが繁殖しにくい
ハイブリッド塗料のデメリット
  • 塗装費用が高いものがある
  • 完全なつや消しはできない
  • 経験豊富な施工業者を見つけるのが難しい
光触媒塗料との違い
メリット・デメリットを、光触媒塗料と比較してまとめました。
メリット
デメリット
光触媒塗料
  • 汚れが非常につきにくい
  • セルフクリーニング効果がある
  • 汚れがたまりにくいため耐用年数が長くなる
  • 防カビ・防藻効果がある
  • 空気清浄効果がある
  • 初期費用が高い
  • 日光や雨があたらないと性能を発揮できない
  • 土埃やサビは落ちない
  • 塗るのがむずかしい
  • 屋根用の光触媒塗料がない
ハイブリッド塗料
  • 耐用年数が長い
  • ひび割れしにくい
  • 雨や風に強く、光沢が長持ちする
  • 遮熱性が高くなり燃えにくい
  • コケやカビが繁殖しにくい
  • 塗装費用が高くなることがある
  • 完全なつや消しはできない
  • 経験豊富な施工業者を見つけるのが難しい

その他の塗料についてはこちらをご覧ください。

初めてでもすぐわかる!外壁塗装の塗料の種類・グレード・選び方
ケントリファイン

関連記事

ページのトップへ