外壁塗装優良業者について詳しく解説しています。
  1. 外壁塗装の優良業者の見極め方!大手のメリットデメリットも解説します

本当に優良業者?チェックポイントを解説

本当に優良業者?チェックポイントを解説

悪徳業者が多く、クレームが絶えないと言われるリフォーム業界において、壁の塗り替えを依頼する優良塗装業者を見つけ出すのは至難の業かのように感じられます。しかしそれは事前にいくつかのポイントを押さえてしっかり見極めれば、不可能ではありません。以下にいくつかチェックポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。チェックすべき順を追って解説します。

①評判や口コミを集めてみよう!
まずはインターネットで口コミを調べ、さらに近隣で戸建てに住んでいる人に話を聞いてみましょう。「最初に出してもらった見積もりと最終価格が全然違った」「工事後まったく連絡がつかなくなった」「数年で壁がはがれてきた」といった悪評は出回りやすいものです。この段階で気をつけるべき悪徳業者を見つけることができるかもしれません。
②相見積もりを数社に出してもらおう!
いくつかよさそうな業者をピックアップできたら、相見積もりを出してもらいましょう。すべての業者に同じ条件を提示して、見積もりを出してもらいます。相見積もりを嫌がる業者はこの時点でNGです。また、見積もりのためにまず現地調査を行うと思いますが、それにかける時間についても比較検討してみてください。短すぎる場合は要注意です。
③見積書を詳細にチェック!
出してもらった見積書を細かくチェックします。総額を比較するだけでなく、材料費と工事費が別々になっているか、またそれぞれの内容が詳細に記載されているかもポイント。ここが曖昧な業者は料金を上乗せしている場合があります。また、塗装面積については、より正しく計算できるm2で記載されているかどうかも見てみてください。
④アフターフォロー体制をチェック!
工事後のフォロー体制も要チェックです。一切保証がない場合、工事後に何かトラブルが発生しても泣き寝入りするしかなくなります。少なくとも工事後○年の間にトラブルが発生した場合は無償で対応という保証期間がついていること、さらに定期点検を行ってくれる業者はより安心です。
⑤契約書を詳細にチェック!
最後に契約の段階になっても、まだ安心してはいけません。契約書の内容が見積もり段階で打ち合わせした内容と同じものになっているかどうか、ここでも材料費と工事費が明確に分かれて詳細に記載されているかをチェックしてください。また、契約書の内容が特定商取引法に基づいているかどうかもポイントです。

大手と地元業者、どちらに頼むべき?

大手と地元業者、どちらに頼むべき?

塗装業者には、全国展開している大手業者と、限られた地域で仕事をしている地元業者の2種類があります。それぞれのメリットとデメリットは以下の通りです。

大手業者について
メリット
  • アフターフォローがしっかりしているところが多い
  • 下請けに施工を任せるところが多いが、工程は厳守される
  • 実績が多く、提案力が高い
デメリット
  • 下請けに出す中間マージンが発生するため価格が高めである
  • 広告宣伝費が施工費に上乗せされていることが多い
  • 窓口が営業マンであるため、具体的な話を事前に職人さんから聞くことが難しい
地元業者について
メリット
  • 自社職人が施工してくれるため、中間マージンが発生せず価格が安めである
  • 窓口と施工してくれる人が同じであるため、行き違いが少ない
  • 適正価格で施工してくれ、保証についても直接尋ねることが可能
デメリット
  • パンフレットや資料などが少ない場合が多い
  • 天候や施工会社の限られたスケジュールにより工期が延びることがある

それぞれにメリットとデメリットがあり、何を重視して依頼するかは依頼する側の事情や好みにもよるところですが、透明性の高さという点においては圧倒的に地元業者に軍配が上がると思います。いずれにしても事前にしっかり打ち合わせをして、不安のない状態で施工を始めてもらえるところを選びましょう。

ケントリファイン

関連記事

ページのトップへ