外壁塗装の塗り替え時期について詳しく解説しています。
  1. 外壁の塗り替えをするべき時期や症状を徹底解説!放っておくとどうなるの?

外壁の塗り替え時期

外壁の塗り替え時期

外壁の塗り替えはいつ頃やるべきなのか。これは戸建てオーナーの悩みの1つでしょう。気になる徴候が現れたらただちにやるべきなのか、放って置くと外観が損なわれるだけでなく、家が傾くような大事故につながってしまうのか、私たちにはその目安というものに関する知識があまりありませんよね。

一般的に、外壁の塗り替えは新築から10年、長くても15年までにはやるべきだと言われています。ただしこれは、家の立地条件や環境、気候によっても異なってくるため、あくまで目安として考えたほうがいいでしょう。では、塗り替えの目安として気をつけるべきポイントを次にご紹介します。

こんな症状はない?外壁塗り替えのサイン

こんな症状はない?外壁塗り替えのサイン

次のようなサインが目についたら、築年数に関わらず一度診断を受けてみることをおすすめします。放っておくとどうなるかも含めていくつかポイントをご紹介します。

①外壁の色が変わってきた!?
気がつくと新築の頃とはずいぶん壁の色が変わってしまったな、と気づくとき、それは「色あせ」という塗膜劣化が始まっているサインです。このまま放っておくと②〜④のようなさらなる劣化につながりますが、この時点ではまだ緊急を要する状態ではないようです。
②壁を手で触ると白い粉のようなものが付く!?
外壁を手で触ってみて白い粉のようなものが手についたら、これは表面が劣化しているサインです。これは「チョーキング」と言われる現象で、紫外線や風雨などが原因で起こるものです。これを放置するとクラックやカビの発生につながるため、塗り替えを考えるサインと言えるでしょう。
③壁が凸凹して触ると表面が剥がれる!?
壁の表面が凸凹して、触ると薄く割れて剥がれたりする現象、これも自然に晒された結果起こる劣化の1つですが、こうしたふくれやはがれを放置すると④のクラックへとつながっていきます。この時点でカビが発生しやすい状態とも言えるため、現状でどのくらい劣化しているか、建物診断をしてもらうといいでしょう。
④壁にひび割れができている!?
古めのマンションなどで壁にひびが入っているのを見たことがあるでしょう。幅0.3mm以下のものはヘアークラック、0.3mm以上のものは構造クラックと呼ばれます。構造クラックはそこから雨水が建物内部に侵入し、カビの発生を引き起こし、建物の強度を低下させる原因になるため、直ちに塗り替えを考えましょう。

外壁塗装をするのにベストな季節ってある?

外壁塗装をするのにベストな季節ってある?

外壁塗装を行うのに適した季節はあるのでしょうか。せっかく塗り替えるなら、その塗装が長持ちするよう、ベストな季節があるならそれに合わせて実施したいものです。

外壁塗装を絶対に行ってはならない季節というのはありませんが、やはり適切な気候というものはあります。以下の表で確認してみましょう。

季節
時期
塗装に関する備考
3・4・5月
比較的雨が少なく、塗料も乾きやすい時期。塗装には向いている時期であると言える。
梅雨
6・7月前半
雨が多いため、塗装が少々難しい時期。ただし技術によっては不可能ではないため、その地域の気候に詳しく技術力の高い塗装業者に依頼するならOK。
7月後半・8・9月
塗装自体に関しては問題ない時期。ただし足場が暑くなること、屋外での長時間の作業は職人の負担になりやすいため、不可能ではないが最適とは言えない。
10・11月
雨も少なく、乾燥している時期であるため、春先同様、塗装には向いている時期。気温も過ごしやすいため職人にとっても作業がしやすい。
12・1・2月
気温が低くなりすぎると塗料を十分に乾燥させるための温度が保てないことがある(5℃以下は難しいと言われる)ため、業者に相談する必要あり。
ケントリファイン

関連記事

ページのトップへ