加須市外壁塗装について詳しく解説しています。
  1. 外壁塗装 埼玉 TOP
  2. 川越市の外壁塗装の費用相場は?おすすめ業者をピックアップ!
  3. 加須市で外壁塗装・リフォームをお願いしたい業者TOP3

加須市の外壁塗装の費用相場は?おすすめ業者もピックアップ!

加須市で優良な外壁塗装業者を見つけよう

加須市で優良な外壁塗装業者を見つけよう

埼玉県北部に位置する加須市は、平坦な地形と穏やかな気候が特色の住みやすいまちで、毎年利根川流域で遊泳する全長100mのジャンボこいのぼりが有名です。

埼玉県の外壁塗装工事の費用相場は平均100万円です。しかし業者選びを間違えると高くついたり、安くてもずさんな工事をされてしまう可能性があります。

こちらでは加須市の地域性に合わせた外壁塗装工事を行う優良業者を紹介します。ぜひ参考にしてください。

加須市でおすすめの外壁塗装業者

ケントリファイン

ケントリファイン

ケントリファイン

ケントリファインってどんな塗装業者?

事前の現地調査を2〜3時間かけてじっくり行い、現状を把握した上で最適なプランを提案してくれる。外壁塗装については、剥がれの原因である下地のサビを徹底的に削り、長持ちする剥がれない塗装を実施。さらに塗装性能を最大限に引き延ばすため、塗料の希釈量・塗り回数・厚み・乾燥時間については、すべて目検や感覚ではなく各メーカーの指定通りに行うことを徹底している。綿密な事前調査とプロ意識の高い熟練の職人さんたちによる一貫した作業内容により、作業後の追加費用は一切なし。塗り替えのタイミングがわからない人の悩みを無料相談窓口で受け付けている。

ケントリファインの実例・相場・サービス

ケントリファインの実例と相場
ケントリファインの相場は?
外壁塗装の価格例(シリコン樹脂系塗料)60〜80万円(30坪物件)
画像出典:ケントリファイン
費用目安★★★★★
屋根+外壁塗装
70〜120万円
保証・アフターフォロー★★★★★
最大7年1・3・5・7年目に無償点検あり
塗回数★★★★★
3〜5回塗り
カラーシミュレーション★★★★★
あり
対応サービス★★★★★
  • 塗装工事
  • 防水工事
  • シーリング工事
  • 大工工事
  • 屋根工事
  • 内装工事
  • エクステリア工事
  • 雨漏り診断
対応エリア★★★★☆
埼玉県全域

ケントリファインの口コミ

  • 長期保証が心強い 10年前に新築で建てた家なので初めての塗り替えだったのですが、いつも住宅街をウォーキングしながらいろんな家の工事をチェックしていたので、業者によって差があることはわかっていました。それなのでここに依頼して正解でした。作業がとても丁寧なのにスピーディ、技術力は高いと思います。さらに7年の長期保証があるのも心強いですね。 (46歳・女性・川越市)
  • 信頼できる説明と調査 2年前に実家でやった工事がすごくずさんだったと今になってわかり、親にちゃんとしたところにやってもらわないとダメだと言われ、選ばせていただきました。実家では下塗りが1回だったそうで、すでに剥がれてはじめているところもあります。ケントリファインでは剥がれない塗装をするために下地の塗りに力を入れているとのこと。塗料の説明も加え、信頼できる説明と調査。納得してお願いできました。工事もすばらしく丁寧。みなさん、感じも良く、近所の人たちから紹介してほしいと声がかかっています。 (43歳・女性・坂戸市)
ダイユウエンタープライズ

ダイユウエンタープライズ

ダイユウエンタープライズ

ダイユウエンタープライズってどんな塗装業者?

一級塗装技能士である職人が施工する「ダイユウエンタープライズ」。

一度塗り替えをしたら、しばらく塗り替えをしないで済むよう、作業工程をしっかり組んで施工します。事前の打ち合わせでは、要望に合わせて塗料の選定を行い、外観に大きく影響する色については、ハナコレクションを使ったカラーシュミレーションを行います。イメージ通りの配色になるようハナコレマイスターが一人ひとりに合った提案をしてくれます。

費用目安
要見積り
保証・アフターフォロー
あり(建物、材料により異なる)
塗回数
3回
カラーシミュレーション
あり
対応サービス
  • 塗装工事
  • 防水工事
  • 内装工事
対応エリア
埼玉県

ダイユウエンタープライズの口コミ

  • 依頼してよかった 外壁の色をカラーシュミレーションでいろいろと提案してもらいました。しっかり塗り替えをしてもらえれば十分だったのですが、家に合わせて考えてくれているとわかり、依頼してよかったなと思いました。 (59歳・男性・加須市)
サクケン

サクケン

サクケン

サクケンってどんな塗装業者?

1983年創業のサクケンは、営業エリアを久喜市を含む近隣に限定した地域密着の塗装業者。外壁・屋根塗装以外に、玄関ドア・フェンス・雨戸などのちょい塗り塗装の依頼も受ける「かかりつけ外壁塗装専門店」をうたっている。

塗装工事は丁寧な下地処理を行い、塗料の調合・希釈、下塗り工程にもこだわるきめ細かい作業が評判。施工後に最大10年の保証サービスが付いているのも安心。

費用目安
外壁塗装(シリコン塗料)30坪750,000円
保証・アフターフォロー
最大10年
塗回数
3回
カラーシミュレーション
なし(※紙の色見本によるカラーシュミレーションはあり)
対応サービス
  • 建築塗装
対応エリア
久喜市を含む近隣エリア

サクケンの口コミ

  • 実家がお世話になりました。 実家がお世話になったのですが、丁寧な仕事をするぞと父が喜んでいました。私は久喜市の近くに住んでいるので、外壁と屋根塗装の時期が来たらぜひサクケンさんにお願いしようと思っています。 (39歳・女性・幸手市)

モルタルからサイディングへのリフォームってどう?

モルタルからサイディングへのリフォームってどう?

住宅の外壁素材といえば少し前まではモルタルが一般的でしたが、現在の主流はサイディングです。

サイディングは、パネル状のボードを張って外壁を仕上げる工法で、窯業系、金属系、木質系、樹脂系などの種類があり、デザイン性が高いのが特徴です。サイディングの素材にはいくつか種類があります。デザインの自由度の高さや幅広い性能を持つ窯業系は新築で主流ですが、凍害がある寒冷地では樹脂系が主流など、素材によって特徴があります。

現在お住いの家の外壁がモルタルだという場合、外壁の劣化具合によっては、塗り替えのほかにサイディングへのリフォームという選択肢もあります。

メリットは?
  • 外壁の劣化が激しくても修復が可能
  • リフォームで建物自体の耐用年数を延ばせる
  • 外観の印象をガラッと変えられる
モルタルを撤去した際に、下地材を見ることができるため土台、柱、間柱、胴縁などに傷んでいる箇所があればその時に修繕することができます。
デメリットは?
  • 費用が高くなる
  • 工期が長くなる
モルタルを撤去する工程が増えるため、工期が延びます。また外壁の解体費用もプラスされるため、費用は高くなります。

モルタルの上にサイディングを重ね張りする「カバー工法」もありますが、外壁内部の劣化がわからないことに加え、重ねる分の重さが増し、壁厚も増えます。できるだけ建物を長持ちさせる工法としてはあまりおすすめしません。

費用は?
坪数や建物の形状にもよりますが、足場、施工費、シーリング、材料費、外壁解体費、処分代、諸経費などを合わせて、150〜200万円くらいかかります。材料費はサイディングの種類によって変動します。

サイディング外壁の種類・特徴・費用相場

サイディング外壁には4つの種類があり、それぞれ特徴や費用相場が異なります。

窯業(ようぎょう)系サイディング

窯業(ようぎょう)系サイディング 出典:らくらくペイント

成分の80%がセメント、残りの20%は繊維質・増量材を混ぜ合わせて作られています。新築戸建てでの使用率が高く、日本の住宅の約70%以上が窯業系を採用していると言われています。

メリット
  • 木目調、タイル柄などデザインの自由度が高い
  • 素材のベースがセメントのため、衝撃に強い
  • 防火性、遮音性に優れている
  • 工期が短い
  • 初期費用が比較的安い
  • 施工できる業者が多い
デメリット
  • 防水機能がないため、表面の防水塗装が必要
  • 熱を吸収しやすい
  • 凍害に弱い傾向がある
  • メンテナンス周期が早い

費用相場:1㎡あたり4,000~5,000円

金属系サイディング

金属系サイディング 出典:らくらくペイント

表面にスチール板など金属板材を使用し、裏面に断熱材を入れた素材です。丈夫さと価格の安さからリフォーム時の素材として選ばれることが多く、全体の10%程度のシェアとなっています。また凍害に強いため、寒冷地で多く使用されています。

メリット
  • メタリックでモダンなデザインの外壁にできる
  • 断熱性、耐震性、防音性に優れている
  • 凍害に強い
  • 軽いため、建築躯体への負担が少ない
  • 費用が安い
デメリット
  • 衝撃に弱く、キズがつきやすい
  • サビができやすい
  • 酸性雨、塩害に弱い

費用相場:1㎡あたり3,000~9,000円

樹脂系サイディング

樹脂系サイディング 出典:らくらくペイント

プラスチックの一種である「塩化ビニル樹脂」を使用した素材で、とても耐久性が高いです。北米では約50%の住宅が樹脂系サイディングを採用していますが、日本では取扱業者が少なく、シェアは全体の1%程度です。寒冷地で使用されることの多い素材です。

メリット
  • 樹脂のため、金属系よりもさらに軽量
  • 色褪せや変色に強い
  • 耐震性が高い
  • 塩害、凍害に強い
  • シーリング不要
デメリット
  • デザインの自由度が低い
  • 高価
  • 施工できる業者が少ない

費用相場:1㎡あたり8,000~10,000円

木質系サイディング

木質系サイディング 出典:らくらくペイント

無垢の木材を使用した素材です。本物の木を使用することで、暖かみのある、唯一無二のデザインに仕上がります。ログハウスのようなナチュラルなデザインにしたい人に向いています。

メリット
  • 本物の木ならではの質感
  • 断熱性が高い
  • 時間の経過に合わせて木質に味が出てくる
デメリット
  • 防火性、耐水性が低い
  • 比較的メンテナンスが多い
  • 高価
  • 施工できる業者が少ない

費用相場:1㎡あたり6,000~10,000円

【種類別】サイディング外壁のメンテナンス時期

サイディング外壁の耐用年数は40年程度と言われていますが、塗り替えなどのメンテナンスは定期的に行う必要があります。

サイディング外壁のメンテナンス時期を、種類別にまとめました。

素材 主なメンテナンス内容 塗装やメンテナンスの周期 耐用年数
窯業系
  • 塗装やシーリングの補修
8~15年 20~40年
金属系
  • 塗装やシーリングの補修
  • キズやサビがある場合はその補修
10~15年 20~40年
樹脂系
  • ほぼ不要(素材自体に色がついているため、塗装も30年ほど不要)
10~30年 20~50年
木質系
  • 塗装やシーリングの補修
3~10年 15~40年

樹脂系はメンテナンスがほぼ不要ですが紫外線に弱いため、メンテナンスでは紫外線を遮る塗料の施工や張替えを行います。

ケントリファイン

関連記事

ページのトップへ