外壁塗装に使われる 光触媒塗料について詳しく解説しています。
  1. 外壁塗装 埼玉 TOP
  2. 外壁の塗り替えをするべき時期や症状を徹底解説!放っておくとどうなるの?
  3. 外壁塗装で注目されている光触媒ってどんな塗料?メリットデメリットを解説

外壁塗装に使われる光触媒塗料とは?

いま、外壁塗装で使われる塗料として話題の「光触媒塗料」。

機能性塗料のひとつですが、どのような性質があるのか、そのメカニズムやメリットデメリットなどを詳しく解説します。

また、光触媒塗料を使用する時に注意すべき点についてもまとめました。

外壁塗装で話題の光触媒塗料とは?

外壁塗装で話題の光触媒塗料とは?

外壁塗装で使用する光触媒塗料は、いま話題の機能性塗料のひとつです。

光触媒とは、「太陽や蛍光灯などの光が当たると、その表面で強力な酸化力が生まれ、接触してくる有機化合物や細菌などの有害物質を除去することができる環境浄化材料」(株式会社光触媒研究所より引用)です。

この技術を活かした塗料が「光触媒塗料」で、最大の特徴は高い防汚性能。

太陽の光で汚れを分解して浮かせ、雨で汚れを洗い流す「セルフクリーニング機能」があることです。

セルフクリーニング機能のメカニズム
光触媒塗料には、「活性酸素の発生」と「親水性」という2つの性質があります。
活性酸素の発生
光触媒塗料に含まれる酸化チタンは、光が当たると活性酸素を発生させます。活性酸素には有機有害物質を分解する働きがあり、外壁に付着した汚れを分解してくれます。
親水性
親水性とは、塗膜表面に水膜を作り、雨水とくっつきやすい性質のこと。最初から外壁に汚れを付きにくくする機能に加え、活性酸素が分解した汚れを雨水と一緒に流してくれます。
これらにより、外壁のセルフクリーニングが行われます。
なお、酸化チタンは化粧品などにも含まれる成分なので、塗装しても心配はいりません。

光触媒塗料のメリットデメリットを解説!

光触媒塗料のメリットデメリットを解説!

外壁塗装に光触媒塗料を使用するメリットとデメリットを解説します。

光触媒塗料のメリット
①汚れがつきにくい
光触媒塗料の親水性により、塗膜に水膜が作られます。これにより建物への静電気の発生を防ぎ、塵やホコリなどの汚れが付きにくくなっています。
②セルフクリーニング機能がある
光触媒塗料に含まれる物質が大気中や外壁に付いた汚れを分解し、雨水と一緒に洗い流してくれます。
③耐用年数が長い
セルフクリーニング機能によって外壁に汚れが溜まりにくくなることに加え、劣化の最大原因である紫外線を利用する塗料のため、劣化の速度が遅く、耐用年数は15〜20年とも言われています。
④防カビ・防藻効果がある
光触媒には抗菌作用があるためウイルスの増殖を防ぎ、外壁の防カビ、防藻に効果があります。
⑤空気清浄効果がある
光触媒塗料が発生させる活性酸素は、大気中の汚れも分解・除去します。戸建て1件に塗装すると車12台分の排気ガスを清浄化させる力があると言われています。
光触媒塗料のデメリット
①初期費用が高い
機能性塗料は光触媒塗料に限らず高額になりがちです。
一般的なシリコン塗料が2,800〜3,500円/㎡であるのに対し、光触媒塗料は3,800円〜5,000円/㎡と1.4倍ほど高額です。
しかし、その分耐用年数が長いので、予算と塗料に求める機能を考慮しながら検討しましょう。
②日光や雨があたらないと性能を発揮できない
光触媒塗料は太陽光や雨が当たることで効果を発揮するため、それらが当たらない場所では性能が十分に発揮されません。
③落とせない汚れがある
光触媒塗料が発生する活性酸素は、「有機化合物」を分解します。そのため、以下のような「無機化合物」の汚れには効果がありません。
  • 金属から流れてきたサビ
  • 土埃や泥
  • 鳥のフン
  • 調理場近くのダクトの汚れ など
④施工が難しい
粘度が低く、サラサラとした状態のため垂れやすい光触媒塗料は、塗装に高い技術が必要です。
また、他の塗料に比べて乾きにくく、施工日前後の天候や気温を加味して作業をすすめなければなりません。
このように、他の塗料に比べて注意する点が多く、施工に専門性と技術を要します。
⑤屋根用の光触媒塗料がない
現在、屋根用の光触媒塗料は発売されていません。外壁に光触媒塗料を使用しても、屋根には違う塗料を塗ることになります。
その場合、外壁と屋根で塗料の耐用年数にズレが出てしまうことがあります。
外壁に光触媒塗料を使用する場合は、同程度の耐用年数を持つ塗料を屋根用に選択しましょう。

外壁塗装で光触媒塗料を使う時に気をつけること

外壁塗装で光触媒塗料を使う時に気をつけること

上記のメリットデメリットを踏まえ、外壁塗装で光触媒塗料を使うときには以下の点に注意してください。

施工会社の宣伝文句
「光触媒塗料なら、どんな汚れも付きません!」こんな宣伝文句を謳う施工会社には要注意。デメリットで紹介しましたが、無機化合物の汚れには効果がありません。
施工実績を確認
以前は認定施工店しか使用できなかった光触媒塗料ですが、現在では一部のメーカー品を除いてどの施工店でも取り扱いできます。
しかし、高度な技術が必要なことに変わりはないため、光触媒塗料を使用した外壁塗装の実績があるかどうか確認しましょう。
主流の塗料ではない
塗料としての歴史が浅く、長く設定された耐用年数に関する実証実験は多くありません。現在の外壁塗装の主流はあくまでもシリコン塗料であることを忘れないようにしましょう。
ケントリファイン

関連記事

ページのトップへ